搜索 "石桥菜津美"

剧场版架空OL日记

  忧郁的星期一早上,身为银行职员OL的“我”开始了这一周。忍受着困倦、认真地化好妆出门,挤着满满都是人的地铁,在距离公司最近的地铁站和关系最好的同事真纪会合了。她和“我”价值观相近,聊天的时候经常会聊得很投入。在公司更衣室和后辈纱英、已经进入公司8年的小峰、和进入公司10年的酒木一起,我们进行着上班前五花八门的漫谈。

星期三消失了

中村伦也主演电影《星期三消失了》(水曜日が消えた),将挑战一人七角。故事讲述主角「我」的内心有7个不同的人,星期一至日每天轮流出现,无法和其他的「我」直接见面交流,只能透过日记互相了解,在7人之中最朴素最闷蛋的是星期二,电影就以他的视点去描写这个奇特的世界。

从丧尸来到开始重新审视人生的这档事

平成元年生まれのみずほ(石橋菜津美)は生きる目標もなく、ただ何となく日々を過ごすアラサー女子。地元の同級生・柚木(土村芳)と美佐江(瀧内公美)と一緒に一つ屋根の下で暮らしている。いつもの朝のいつもの朝食、テレビでは近所の山中の施設が炎上したというニュースが流れるが、たわいのない会話に夢中の3人。その頃、町ではゾンビのようなものが発生し、住人を襲い始めていた。 壊れていく日常、その異変に気づかないみずほは、別居中の夫・小池(大東駿介)と離婚の話し合いをするためファミレスへ向かうが、途中で買い物に寄ったコンビニでゾンビに襲撃されてしまう。 やがてみずほたちの町は、外部から封鎖され無政府状態となる。人々は食料物資のあるコンビニを目指し集まってくる。美佐江と小池が一緒にコンビニへ逃げ込んで来て、みずほは夫の不倫相手が美佐江だったと気づく。 混乱の時間が続く中、彼女たちはスマホでネットにアップされているおかしな動画群に気づく。そこには「ゾンビに〇〇をやってみた」という悪ふざけのようなタイトルが延々とならんでいた。 絶望して生きることを諦める者ばかりでは無く、このユーチューバーのようにチャンスとして人生を一発逆転させようとする者たちも現れ、人々の欲望がいびつな形で噴出しようとしていた。そして、自分は生きることに執着していないと思っていたみずほは、自らが生きる意味に気づいていくことになる…。

晨曦将至

患有不育症的栗原夫妇通过领养制度迎来了他们可爱的儿子栗原朝斗,然而6年的幸福生活顷刻被打乱——一位困窘落魄的年轻女性突然造访,并坚称自己才是孩子的亲生母亲,然而比起孩子,她似乎更想得到金钱上的补偿…日本着名导演河濑直美的新作关照女性、生育、领养等社会议题,以充满戏剧性和冲击力的笔触再次探讨“母亲”这一身份,以多样的叙事风格为观众提供真切又复杂的情感体验。

人到30又如何

“为什么我们女人活在这世上,还要受到年龄的束缚呢?”本剧将以幽默且激烈的手法,去描写由女人这一性别身份所产生的切实的烦恼/焦虑/愤怒,生活在当下的东京的29岁单身女性们的恋爱、事业与性爱,以及友情的故事。这也一定是活在当下的你的故事。

剧场版架空OL日记

  忧郁的星期一早上,身为银行职员OL的“我”开始了这一周。忍受着困倦、认真地化好妆出门,挤着满满都是人的地铁,在距离公司最近的地铁站和关系最好的同事真纪会合了。她和“我”价值观相近,聊天的时候经常会聊得很投入。在公司更衣室和后辈纱英、已经进入公司8年的小峰、和进入公司10年的酒木一起,我们进行着上班前五花八门的漫谈。

老公进不来

本剧以主妇こだま的自传改编,描述发现丈夫・研一(中村苍)的性器插不进来,仍持续与对方交往并结婚的女性渡边(山本)久美子(石桥菜津美)为主角的故事。