搜索 "平田满"

代价

  奥山圭辅(小栗旬 饰)表面看来是一位精明强干的律师,实际上却饱受童年时代悲惨经历的困扰,有着脆弱的神经和重度的强迫症。某日,奥山收到了一封神秘的来信,信中委托他为涉嫌抢劫杀人的名为安腾达也(高桥努 饰)的男子辩护,而这位安腾达也及其家人,正是一手造就奥山童年阴影的元凶。   曾经,达也是奥山唯一的和最信赖的朋友,然而,达也接近奥山的目的却并不单纯。达也一家人的设计令奥山失去了双亲,因此不得不寄宿在达也家,期间更是受尽了折磨和凌辱。如今,当年逃过法网恢恢的达也再度面临指控,他找到奥山,又有着怎样的阴谋呢?

激辛道

这部作品是美食喜剧,特色是聪颖的肯塔尔·佐鲁川(Kenta Sarukawa),他是一个迷人而迷人的工薪阶层,他为中型饮料制造商罗恩·罗恩(Ron Ron)工作。满怀希望地从大阪本部搬到东京分公司的佐渡川,是为了与陌生人一起追求“激世传教士”而成长。

怪谈新耳袋:信弘先生

在某设计公司供职的里中悦子(内山理名 饰)是一名单身母亲,她努力工作,尽心照顾着女儿的起居。因工作关系,她结识了画家岛崎信广(平井满 饰)。这是一个性格阴郁,自顾自活在凄美爱情异想世界里的男子。他的曾祖父曾和爱人殉情,信广沉湎于此,甚至打算效仿祖辈的行径。信广邀请悦子担任模特,悦子欣然应允。在这段时间的相处中,悦子渐渐喜欢上了信广。可就在某天,信广突然坠楼身亡,死前的样子竟然和他的画作一模一样。 悦子对此惶恐不已,她不断追寻关于信广先生的一切,在这一过程中,恐怖离奇的事件相继发生,似乎那个已经死去的画家决定要将悦子带去另一个世界……

蒲田进行曲

时代剧演员银四郎(风间杜夫 饰)是当时风靡万千观众的大明星,他英俊潇洒,风流倜傥,并且为人高傲。为了搏求上位,他劝说业已怀孕女友小夏(松坂庆子 饰)委身其貌不扬但为人善良的龙套小演员安次(平井满 饰),自己则转而追求电影巨鳄的女儿朋子(高见知佳 饰)。小夏出现妊娠中毒症状,为保母子平安,安次不惜接收各种危险动作的拍摄,以赚钱购买营养品。经过一段时间相处,小夏的天平渐渐向安次倾斜。而银四郎则正面临事业的最大困境…… 本片根据第85回直木奖同名获奖小说改编,并荣获1983年日本学院奖最佳女主角(松坂庆子)、最佳男主角(平井满)、最佳导演、最佳影片、最佳配乐、最佳剧本、最佳男配角(风间杜夫)以及最佳新人(平井满)等八项大奖。

昭和初年,崇尚自由的少女凛(苍井优 饰)不愿重复母亲那为夫命是从的人生,在婚礼当天穿着礼服跑出家去;昭和中叶,凛的三个女儿各自经历不同的人生,长女薰(竹内结子 饰)与爱人经历生离死别,对亡夫久久无法忘怀。次女翠(田中丽奈 饰)是一家期刊的编辑,她一心做一名出色的女强人。小女慧(仲间由纪恵 饰)拥有幸福的小家庭,在第二个生命即将到来之际,她的生命却受到死神的威胁;21世纪之初,慧的两个女儿也品味着人生的种种:幼女佳(広末凉子 饰)拥有幸福的三口之家,乐在其中。长女奏(铃木京香 饰)远赴东京追寻梦想,却不得不面对残酷冰冷的现实。三代女人,不同的人生,有如花开花落,周而复始……本片由着名化妆品牌资生堂赞助拍摄。

坏家伙2

出生于东京立川的不良少年光一(永濑匡 饰)和好哥们八仔(荒井敦史 饰)等人浪荡度过了初中时代,为了能在高中站稳脚跟,他们决定加入当地势力最大的暴走族“立川狱门”。谁知立川狱门打着“新人教育”的旗号,每天对他们施以难以忍受的残酷虐待。光一无法继续忍受,于是接连缺席立川狱门的定期集会,转而和高中结识的朋友植木(堀井新太 饰)玩乐鬼混。另一边,八仔被前辈们折磨的半死不活,终于精神受到刺激,躲在家中不敢出来。好友的变化让光一怒不可遏,为了报仇他加入了黑道组织天心会,成为大哥猛身(木村佑一 饰)的小弟,从此遁入仁慈无用、暴力说话的黑暗世界。可悲的是光一很快发现黑道也并非单靠拳脚就能出头,他连最为重要的人也无法守护。母亲(南果步 饰)因厌恶黑道和儿子断交,与恋人清美(清水富美加 饰)也渐行渐远,光一不由的变得自暴自弃。在此期间,更大的危机漩涡飞速向这个年轻人靠近……

哀悼人

影片改编自天童荒太的直木奖获奖小说。静人继续着自己的旅程,在人们身故的地方跪下来并不断记忆:这个人曾爱过谁、曾为谁所爱、曾因做过什么而得到感谢……虽然静人的一切令周围的人感到不可思议,然而通过旅途中的相遇,藏于哀悼行为深处自责的执念,及对于亲密的人故去的遗恨,逐渐鲜明了起来。

浅田家

  热爱拍照的父亲,年末都会替全家拍摄新年合照。父亲知道小儿子立志成为摄影师,所以在他12岁生日当天,将自己最珍爱的相机送给了他。由小儿子所拍下的第一张照片,就是他们的全家福。   如今,这位小儿子浅田政志(二宫和也饰演),已经从专科学校毕业,并持续与父母及哥哥四人,拍摄一系列别具特色的全家福,其中包括消防员、黑道、赛车手、选举、战队、乐队等不同主题,并以《浅田家》为名出版了摄影集。由于风格独特并让人会心一笑,让他获得摄影大奖肯定,从此踏上专业摄影师之路。不过随之而来的一场灾难,却让他逐渐失去人生目标。他自愿成为灾后重建义工,并在海啸过后的泥泞中,找到一本本已经失去主人的相簿。在这些充满故事的照片背后,他能否从中领悟到摄影的真正意义呢?

部屋长

「ちょっと相谈したいことがあってな」 亲友で刑事の森山(平野贵大)からの久々の电话をもらった釜本だったが、紧急出动がかかり、かけ直すこともなくそのままに。その夜、森山は拳铳で自杀してしまった。 森山の妻・百合子(岩崎ひろみ)から「主人のSOSを无视したんですか」と责められた釜本は、自らを责め通夜で泥酔して帰宅する。 しかし、その釜本を出迎えるはずの妻・幸江(奥贯薫)は、寝たきりの父・和彦(石桥莲司)の世话をヘルパーに任せて家出。テーブルには幸江が署名・捺印した离婚届が置かれていた…。 妻の家出は俺が原因なのか…。思い悩む釜本に上司の沼尻(平田満)が、通り魔事件の捜査中に袭われた若手刑事・美纪(武田梨奈)の事情聴取を頼んでくる。美纪は、自らも世话になり殉职した辻本警部补の娘。美纪の责任を追及し、责め立てるように质问する吉沢署长(吹越満)を邪魔だといわんばかりに追い出した釜本は、美纪の事情聴取を行う。自分を袭った犯人の顔は见ていないが、服装や背格好などスラスラと答える美纪。通り魔事件の捜査本部への复帰を热望するが、事件当事者となったからにはそれもかなうかどうか…。そんな釜本の対応に美纪は悔しさを露にする。 ヘルパーから父の世话の仕方を教えてもらう釜本のもとに、新たな事件発生の连络が入った。一人息子を10年前に事故で亡くした冈崎(青山胜)が、强盗と思われる犯人によって自宅で杀害された。事件発生时、不眠症のため睡眠薬で熟睡していた妻の美千代(筒井真理子)は、突然のことにぼう然としている。釜本は、同じ特捜本部の配属になりながらも、上司の稲生(浜田学)に通り魔事件の捜査に戻して欲しいと恳愿する美纪とペアで地取り捜査を开始する。 釜本の巧みな闻き込みに目を丸くする美纪。しかし、その闻き込み対象者の中には森山の妻・百合子が。冈崎家とはそれほどの付き合いがなかったと答える百合子の许しを得て、森山の遗影の前で手を合わせる釜本。冷ややかな百合子の态度を目の当たりにした美纪は、釜本と森山の関系を知ることになる。 今夜だけでも通り魔事件の捜査に同行させてください! 稲生に食い下がる美纪に、釜本は「お前、何か隠してるな」と鋭く迫る。観念した美纪は、自分を刑事课に呼んでくれた稲生が家庭の事情で悩んでいるという。恩を返す意味でも稲生の助けになりたいと焦る美纪。稲生が抱えている问题とは? 和彦の容体が急変、入院することになった。急きょ帰宅した釜本は、ヘルパーに言われ保険证を探すがどこにあるかわからない。仕方なく妻の幸江に电话をしようとするのだが、「亲父が入院することになった…」と言うだけで言叶が続かない。これまでやさしい言叶の一つもかけてこなかった妻になんと言えばいいのか…。 冈崎杀害事件の捜査が行き诘まりを见せる中、釜本はこれまで口にしなかった疑问を美纪にぶつける。 「お前、通り魔の顔を见てるよな」 釜本は美纪との简単な事情聴取ですべてを见抜いていたのだった。釜本の言叶にようやく犯人の人相などを话す美纪。なぜ真実を隠そうとしたのか。美纪は自らが抱えていたある思いを釜本に告白する。 そして、釜本らの闻き込みによって冈崎杀害事件の容疑者が急浮上。犯人逮捕へ、釜本らも势いづくが…。

夫妇善哉

20世纪初,维康商店的少爷柳吉(森山未来 饰)趁父亲(岸部一德 饰)患病之际纵情声色,与梅乃屋的着名艺伎金春(尾野真千子 饰)相恋交往。金春自幼志愿成为大阪第一艺伎,但为了这个虽有家室却不甚成器的男子,她的内心开始动摇。直到二人相识的一年后,被断绝父子关系的柳吉与金春相约私奔,经历了关东大地震后他们重返大阪,在金春的娘家落脚。为了生计,换回本名“蝶子”的金春抛头露面,辛苦谋生,而做惯了少爷的柳吉在穷苦境遇下依然不改浪荡挥霍本性。前世的冤家,今生在同一屋檐下相会,且哭且笑共步他们的坎坷人生……本片根据织田作之助的原作改编。